目の下のたるみ手術で若々美肌を目指す|NO老いNOたるみ

美容

方法を知る

女性

老いの象徴の1つに目の下のたるみがあります。目の下の皮膚は非常に薄く、歳とともに比較的早めに張りが無くなります。張りがなくなると次第に皮膚を支えることが出来ず、次第にたるみ始めます。これが目の下のたるみの原因で、対処の方法として美容整形があります。美容整形の種類には脱脂法と注入法とレーザー治療法とハムラ法と呼ばれる4つの方法が一般的に行われています。まず脱脂法はたるみを目立たなくするために用いられる治療です。たるみ部分の脂肪を除去することでたるみをフラットにします。たるみの脂肪は基本的に体型や年齢に関わらず一定という特長があるため半永久的に効果を持続させることが出来ます。注入法は目の下のたるみ自体をたるませないようにするために行う治療です。たるみの原因は張り不足なため、張りを再現するためにコラーゲンなどの美容成分を注入します。自然な仕上がりになる特徴がある一方で、体内に吸収されるコラーゲンの場合は数ヶ月や数年で効果が薄れてきます。レーザー治療法はレーザーをたるみ部分に照射することでたるみの原因を除去する時に用いられます。レーザーを照射すると細胞を活性化させることが出来、コラーゲンの生成を促すことが出来ます。注入法と同様に自然な仕上がりにすることが出来る一方で、やはり徐々に効果が薄れてきます。ハムラ法は切開が必要な外科的手術が必要な方法です。まぶたのサイド側を切開し、脂肪を取り出したるみの凹んでいる部分に注入します。凸と凹がフラットな状態にすることでたるみ自体を目立たなくすることができます。ハムラ法の特長は自分の脂肪を注入するという点で、副作用がなく、コラーゲンのように吸収される事がありません。しかし手術が伴うため切開傷跡が残る可能性があります。4つある方法全てでメリットがありますが、同時にデメリットもあり、しっかり選ぶ必要があります。例えば傷跡が残るのに抵抗があるのであれば手術の必要のないレーザー治療法と注入法を選択すると良いでしょう。自分が求める条件で消去していくとピッタリの方法を見つけることができます。